シャトーブリアン|牛肉の最高級部位のひとつで最強の赤身肉

レア

表面をあぶったら、弱火でゆっくり加熱するのがオススメです。焼きすぎは厳禁。火から離して時間をかけて余熱を使うと肉汁のロスが少なく美味しく焼きあがります。

味つけBest3

  • 塩コショウ
  • 醤油
  • わさび醤油

シャトーブリアンはヒレ肉のなかの上質な部位

柔らかさは牛の中でも最高レベル。サーロインの内側にある腰部分にある細長い部位であるヒレのさらに内側の中心部にあるのがシャトーブリアン。

脂肪分はロースの半分程度と非常にヘルシーなお肉です。鉄分が多く含まれているため赤色が非常に美しい見た目でもあります。

また水分も多く入っているので、新鮮なものは焼くことで綺麗にツヤが出る特徴も。

名前が外国語っぽくなっているが、これはこのお肉のことを非常に気に入ったフランスの政治家であったフランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン(François-René de Chateaubriand)に由来する。

シャトーブリアンの味の特徴

非常にきめが細かく、赤身のお肉の味も癖が無く甘みを感じられます。

非常にさっぱりとしていてやわらかいので、コース料理などの他の料理とあわせても影響しにくい。口に入れて噛んでみるとお肉のなかから肉汁が飛び出すような感覚が味わえるでしょう。

厚みがある方がこの感覚を得られやすいく、食べるのならばステーキがオススメ。

シャトーブリアンのカロリーってどれくらい?

シンシンは一般的なヒレ肉から133kcal(100g)と推定されます。

栄養成分としてはサーロインなど高脂肪の部位とは大きく異なり、高たんぱく低脂肪なのが特徴である。

ビタミンB6、カリウム、鉄、亜鉛が豊富で女性人気も高い。

シャトーブリアンのお肉を食べる場面は?

接待に使用するのが良いでしょう。非常に喜ばれるお肉の部位です。

年配の方や女性も間違いなく好きな牛肉になるので目上の方との食事では鉄板でしょう。

もちろん、お肉を贈り物にしたいときにもシャトーブリアンはオススメです。世界でも有名な部位ですので、外国のお客様のおもてなしなどにも良いでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>お肉ギフトでお中元・お歳暮は完璧「にくらぼ」

お肉ギフトでお中元・お歳暮は完璧「にくらぼ」

当サイトでは自分の舌と目で確認した本当におすすめできるお肉の贈り物を紹介します。お肉ギフトは誰にでも贈って喜ばれ、健康や豊かな気持ちにつながるものです。

国内ナンバーワンの和牛の情報サイトを目指しておりますので、知りたいお肉などありましたらいつでもお問い合わせくださいませ。

CTR IMG