1. TOP
  2. お肉のコラム
  3. 【低温調理ステーキレシピ】安価な肩ロース肉を57℃45分が美味しい温度?

【低温調理ステーキレシピ】安価な肩ロース肉を57℃45分が美味しい温度?

 2019/01/23 お肉のコラム 低温調理   929 Views
安価な肩ロース肉を57℃で45分が美味しい温度?

前回の低温調理から中一日、違う温度も試したくなり、今回も低温調理のステーキに挑戦しました。

おいしいお肉と思えるお肉は、柔らかいお肉です。

お肉に熱を加え55度から58℃を狙うことで、科学的に1番柔らかくなることはすでに証明されています。このような温度をフライパンやオーブンでは調整できません。この「おいしい温度」を狙うことができるのが「低温調理」です。

参考になれば嬉しいです。

35℃から57℃は20分

前回も今回も紹介するレシピを設定温度になってから時間を測ります。なので鍋に入れるお水はあったかくても大丈夫です。

今回は35度から設定温度57度まで暖まるのに20分かかりました。

使う低温調理器によっても違ってくるとも思いますので参考にしてください。

ミディアム狙いの57℃45分レシピ

前回は55℃から45分で熱入しましたが僕の好みでもう少し火の通った感じ(どちらかと言えばミディアムより)がいいと思い今回は57℃から45分で調理します。

設定温度:57℃
調理時間:45分

ちなみにレシピ的にミディアムを狙うなら「60℃60分」です。お肉は前回と同じスーパーHSの肩ロース肉300グラムを購入しました。

 

57℃でステーキ肉を低温調理

57℃でステーキ肉を低温調理

お水が暖まるまでにお肉を袋に入れて真空にしておきます。

57℃でステーキ肉3㎝を低温調理
300gのお肉を用意しました。ステーキ肉の厚みは3㎝ほど。

57℃(56.8度)になったのでお肉を入れます。

57℃で熱入れ
57℃(56.8度)になったのでお肉を入れます。

57℃(56.8度)になったのでお肉を入れます。ここから45分間です。

熱入れ10分後

10分後。お肉の色が変わってきます。

57℃で45分完了
57℃で45分完了2

タイマーが0になる。ピッ、ピッ、ピッ、とタイマーが終わったことをお知らせしてくれます。

 

57℃で45分完了2、3分

お肉がでろん

 

お肉の雰囲気が変わってきたのが分かります。デローンてなってます。

 

お肉を強火で2分

水気を拭き取って強火で1分~2分焼き焼き目をつけます。塩コショウをするならこのタイミングでふりましょう。

(2分も強火にかけているとお肉が焦げそうな気がしますが、意外と焦げつきません。)

焼き目と付けて少しおいておく

両面を焼き、焼き目が付いたら完成です。

この状態で3分ほど放置しておくと、肉汁がお肉の中にしみこんでいきます。(切ったときに肉汁があまり出ません。)

両面を焼き焼き目が付いたら完成

 

肩ロース肉を57℃で45分が美味しい温度?【まとめ】

今回の「57℃低温調理」は前回と変わっていたかどうかとても微妙でした。

お肉が同じでも脂身の入り方も全く違います。さらに真空状態も悪かったのかもしれません。フリーザーバックは少し固いのでエア抜きが思うようにできない場合がありますので、しっかりと丁寧にやる必要があるかもしれませんのでご注意ください。

次回はストローでエア抜きしてみようと思います。

今回の低温調理では少し思うようにできなかったです。ですが、低温調理は設定温度以上に火が通りません。ですので、あとからフライパンで再度熱入れをすることができますので、焼き加減を調整することができるのが良いですよね。

▼にくらぼおすすめの低温調理器はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

お肉ギフトで失敗なし!おいしい高級牛肉人気ランキング【にくらぼ】の注目記事を受け取ろう

安価な肩ロース肉を57℃で45分が美味しい温度?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お肉ギフトで失敗なし!おいしい高級牛肉人気ランキング【にくらぼ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 牛肉の部位一覧!基本部位から希少部位まで徹底解説

  • お肉の美味しさを決める決定的な要素は○○だった、その理由を解説しちゃいます

  • 【低温調理ステーキレシピ】オーストラリア産サーロインステーキ肉が美味しくなる温度は?

  • ギフトにも最適!高級部位シャトーブリアンのお肉のオススメ紹介します

  • お肉の焼き目は美味しさをアップさせる究極の調味料

  • 【トマトのすき焼き】トマトと黒毛和牛の組み合わせで潤いのお肌になれる