【低温調理ステーキレシピ】オーストラリア産サーロインステーキ肉が美味しくなる温度は?

低温調理器を利用することでスーパーで購入できる安価な外国産ステーキ肉をおいしく食べることができるということがわかったので、暇を見つけては低温調理レシピを実行しています。

そして今回調理するお肉は豪州(オーストラリア)産のサーロインステーキ肉での調理です。

広告の品と書いてありましたので、お得なんでしょうね。こんなお買い得なお肉がさらに美味しくなったらもう外食は必要なくなるのかなと思います。参考になれば嬉しいです。

サーロインステーキはミディアム狙いで低温調理

以前にアメリカ産の肩ロース肉で低温調理ステーキをした際に、圧倒的に美味しかったのがこの「58℃60分レシピ」でした。こちらの記事をチェックしていない方は先にご覧になってみて下さい。とっても美味しそうなステーキになりました↓

【低温調理ステーキレシピ】58℃60分が肩ロース肉がおいしくなる温度?

ただ、今回のサーロインステーキ肉は、以前のお肉よりも薄く(2センチ程度)さらにグラムも今回は少ない200gなので、まったく同じ時間の低温調理で良いのかとちょっと心配でしたが、心配するほどまずくなるということはないと思ったので、美味しく出来たときと同じ温度時間の設定で試してみました。

低温調理サーロインステーキ

設定温度:58℃
調理時間:60分

豪州産サーロインステーキ肉を58℃60分で低温調理

豪州産サーロインステーキ肉を58℃60分で低温調理

温度は58℃。時間は60分の設定で調理開始です。

 

設定温度になるまでにお肉を準備しておきましょう!

お肉を真空パックする方法

[su_box title=”お肉を真空パックする方法” box_color=”#fab94e” radius=”2″]適当なボールに水を入れてその中に袋に入れたお肉をどぼんと入れます。水の中で袋の空気をすべて出しながらジップ付の袋を閉じればOKです。(完全な真空パックにデキる方法ではありませんが問題なく熱は通りますのでこの方法で十分です)[/su_box]

20分ほどで設定温度の58℃になりますので、温度が上がりきったところでお肉をお湯の中に入れましょう。(はじめに入れる水温が高ければ高いほどすぐに設定温度になります。※今回は36℃程度のお湯からスタートしています)

あとは時間になるまで放置です。

60分経ちました

アッとゆうまに60分が経ちました。

サーロインステーキの低温調理

タイマーがなり、青色のランプでも終了したことがわかります。

お肉を取り出してください。

 

低温調理特有のやわらかさ

写真からではわからないと思いますが、低温調理特有の柔らかさになりました。(※60℃以上ではこの58℃のときの柔らかさにはなりません)

袋から取り出したら水気を取り、お好みで塩コショウをして焼きましょう。

強火で両面1分ずつ焼きます

両面1分焼く

(もう焼けてますが…)

両面を1分ずつ「強火」で焼きます。

焼き終わったら上写真のようにお肉をすこし休ませます。休ませることで切ったときに肉汁が逃げて行かなくなるので5分ほどの少しの時間で良いので休ませてあげてください。

 

お好みのサイズに切って完成です

お好みのサイズに切って盛り付けます。

オーストラリア産サーロインステーキ肉が美味しくなるまとめ

今回の低温調理は、以前試した美味しい温度と時間のレシピで作ったサーロインステーキレシピでした。

実際に食べてみると、今回も上手く、美味しくステーキを作ることができました。やはり58℃60分はいまのところ外食不要レシピと言って過言にはなりません。とても美味しかったです。

いつも塩と市販ではありますがソースを用意して頂くのですが、この低温調理したステーキとソースと相性は本当に良いと感じます。ステーキだけでご飯2杯は食べれてしまうので、いつもステーキを焼くと食べ過ぎてしまうのがちょっとアレです笑

今回購入したサーロインのステーキ肉は200gで600円でした。それが、鉄板焼き屋さんでいただくようなステーキに近づけるのですから、コスパはとっても良いと言えますよね。

あぁおいしかった。ごちそうさまでした。

▼にくらぼおすすめの低温調理器はこちら

最新情報をチェックしよう!
>お肉ギフトでお中元・お歳暮は完璧「にくらぼ」

お肉ギフトでお中元・お歳暮は完璧「にくらぼ」

当サイトでは自分の舌と目で確認した本当におすすめできるお肉の贈り物を紹介します。お肉ギフトは誰にでも贈って喜ばれ、健康や豊かな気持ちにつながるものです。

国内ナンバーワンの和牛の情報サイトを目指しておりますので、知りたいお肉などありましたらいつでもお問い合わせくださいませ。

CTR IMG