【低温調理】豚肩ロースを使った豚ハムレシピが簡単なのに超プロ味で絶品

今回参考にしたのは、鶏ハムレシピとチャーシューのレシピです。

今まででいちばんアレンジしての挑戦だったので大丈夫かな?って思っていましたが、実際に試してみるとコレが美味しい。お肉は柔らかいちょうどいい塩梅でしたし、歯切れもすごく良かった。

こんなに簡単なのに美味しい豚ハムができましたのでご紹介させて頂きます。

ミディアム狙いの豚ハムレシピ

今回参考にした低温調理のハムレシピでは66度の設定でしたので、温度設定はそのままの66度にしました。

 

やはり僕個人としては、「ミディアム」が好きなので、どうしてもこのあたりのレシピを参考にすることが多いですが、それでも今回はハムですし、実際に作ってみるとギリギリのレア寄りミディアムではありませんでしたので、満足して頂ける方は多いと思います。

設定温度は66℃
調理時間は90分

使用したお肉は330gです。

肩ロースのお肉を使用したので、どちらのスーパーでも扱っているのだと思いますが、もし万が一ない場合は、ヒレでも問題ありません。ですが、ヒレの場合、脂肪が少ないので思ったよりもパサパサになることがあるかもしれませんので、ご了承くださいね。

低温調理で超簡単豚ハムレシピ

設定温度は66℃、調理時間は90分。

用意するモノ

肩ロース 330g
香りソルト 5g(天然塩※お肉の量の1%程度)

はじめに低温調理器をセットして、温度が上がるまでの間にお肉を準備していきましょう。

お肉は全体にピケしていきます。動画でははじめにピケするのを忘れていて後からピケしています。ピケすることで、中まで火が通りやすくなりますのでしっかりとピケしておきましょう。

専用の道具は必要ありません。竹串やフォークで代用してください。

次に、塩コショウをしておきますが、今回使用したのは「香りソルト(5g)」です。

香りソルトは色々入っていますので、これを使うだけでおいしくなりべんりです。他においしい塩ということであれば、天然塩などもおすすめです。

普通の塩を使う場合は5gだと多いので、お肉の量の1%くらいにとどめておきましょう。心配であればもう少し少なくても良いと思います。お好みで調整してみてくださいね。

香りソルトは、お肉にすりこむようにしてください。すり込んだら、ジップロックに入れてお酒を小さじ2入れます。

一般的なレシピを見ていると、塩を付けて冷蔵庫で寝かせたり、形を作ってみたりとなかなか手間がかかっていることがありますが、今回のレシピはまったくそのような手間をかけていません。本当に簡単なので忙しい方の「もう一品」におすすめです。

はい。設定温度は66℃になりましたらお肉を入れましょう。あとは90分待つだけです。

低温調理 66℃

90分経ちました。

後は盛り付けて、黒コショウをお好みでかけてください。良い具合に味が決まります。

豚ハム 盛り付け

簡単にできてしまいます。ものすごく簡単ですよね。

豚ハムはデキたてを食べる必要もありませんので、週末に作っておいて、忙しい週の初めの一品にするのも良いですね。

簡単なのにあまりにも美味しかったので、またすぐに作りたいと気持ちになりました。豚肉好きの方はもちろんですが、鶏ハム好きの方にも気に入ってもらえる味じゃないかなと思います。

ごちそうさまでした!

豚ハムレシピ
最新情報をチェックしよう!
>お肉ギフトでお中元・お歳暮は完璧「にくらぼ」

お肉ギフトでお中元・お歳暮は完璧「にくらぼ」

当サイトでは自分の舌と目で確認した本当におすすめできるお肉の贈り物を紹介します。お肉ギフトは誰にでも贈って喜ばれ、健康や豊かな気持ちにつながるものです。

国内ナンバーワンの和牛の情報サイトを目指しておりますので、知りたいお肉などありましたらいつでもお問い合わせくださいませ。

CTR IMG