1. TOP
  2. お肉のコラム
  3. 【トマトのすき焼き】トマトと黒毛和牛の組み合わせで潤いのお肌になれる

【トマトのすき焼き】トマトと黒毛和牛の組み合わせで潤いのお肌になれる

 2018/12/21 お肉のコラム   402 Views

トマトのすき焼きってご存知ですか?

美味しいお肉とお醤油ベースの割りした、トマト、そしてバジルを組み合わせたお料理です。

和食なの?それともイタリアンなのと複雑な味がしそうなものですが、この組み合わせ神レベルなんです。そもそもイタリアの料理と和食は相性がよく、きのこのパスタや高級和食店でトリュフが使われたりと香りを重視する文化として似ている点が多いのです。

トマトのすき焼きがお肌によい理由

トマトのリコピンは水に溶けるよりも油に溶けやすい性質があります。トマトに多く含まれるリコピンの吸収にイタリアやフランスなどの地中海に沿岸の地域では古くからオリーブオイルとトマトを組み合わせてきました。日本でもすでにおなじみの組み合わせですよね。これは美味しいのももちろんですが、非常に吸収効率が高いんです。

リコピン【lycopene】

カロテノイドの一種。黄色・橙色・赤色の色素成分をもつ脂溶性色素成分で、トマトやトマト製品などに多く含まれる赤色成分。β-カロテンのように体内でビタミンAに変わらず、活性酸素除去作用がβ-カロテンの2倍以上あり、強力な抗がん作用や視覚機能の維持に重要な役割をもつほか、子宮筋腫の予防、前立腺肥大の予防、コレステロールの抑制作用、抗酸化作用などに効果があるとされる。講談社:漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

お肉とトマトの相性が良い理由

リコピンはそれ自体に美白効果があるといわれる成分で、肌の色を黒くくすませるメラニンを生成を抑える効果があります。また、コラーゲンを作る細胞に作用して紫外線によるコラーゲンの減少を抑えル事もわかっています。

このトマトのリコピンの力に、お肉のアミノ酸やオレイン酸、そしてコエンザイムQ10などの効果が合わさって非常に優秀な美容食になるんですね。月に1回でもトマトすき焼きを食べれば、リコピンのサプリとはお別れすることができるでしょう。美味しくて美容に良いというのは、心も豊かにしてくれるので美しさを保つことができるようになるヒケツです。

トマトすき焼きの美容レシピ

準備するもの(2人前)
      • すき焼き用黒毛和牛モモ肉 300g
      • トマト(中) 3個塩
      • 玉ねぎ(中) 2個
      • バジル 1パック
      • マッシュルーム 5~6個
      • 乾燥フィットチーネ 100g
 調味料
      • 昆布だし 50cc
      • 醤油 50cc
      • 砂糖 大さじ3
      • 日本酒 大さじ
      • トマトピューレ 1/4缶

 

まずは調味料を全て合わせた割り下を作ってお肉以外のお野菜を煮込んでいきます。トマトから出るリコピンが重要になるので柔らかくなるまでしっかりと加熱をしておくのが重要になります。

バジルは後入れの方が香りが良く出るので半分ずつにするとさらに美味しい。

 

写真は上に置くように調理していますが、もっと美味しく食べようと思ったら少しだけフライパンで焼いたものにするのがオススメです。あまりに美味しそうなお肉だったもので

くし切りにしたたまねぎもしっかりトマトとお肉のスープを吸って輝いています。トマトは酸味が強いものでも割り下のお砂糖の甘みが加わるので気にせず。フルーツトマトはやや甘すぎになるので普通のトマトで作りましょう。

普通のすき焼きのシメはうどんになることが一般的ですが、伊和折衷(イタリアンと和食の融合)料理ですからフィットチーネを使いましょう。茹でたフィットチーネをお鍋に残ったスープに絡めて盛り付ければ完成です。オリーブオイルをかけて香りを変化させても面白いですよ。

もちろん、きし麺や細めのうどんでも代用できるので、是非試してみてください。

さらにリコピンの吸収をアップさせる裏技

このままお肉の脂肪分でリコピンは吸収できるのですが、余すところなく割り下にトマトの栄養を溶け出させるためには、調理を開始する時点でオリーブオイルでトマトを炒めておくのが良いでしょう。オリーブオイルはトマトのリコピンの吸収をもっともあげる、最も融けやすい油であることが研究結果でわかっています。

参考:カゴメ株式会社

 

まとめ

美容と健康に良いトマトすき焼き、美味しそうでしょう。我が家ではすでに定番料理になっているのですが、私たち実年齢よりも10歳近く若く見られることが多いんです。特に美容対策をしていないので、おそらくお肉パワーだと思っているんですけどね。30代も後半となると、若く見られると初対面が楽しみになりますね。

 

すき焼きはお肉選びも大切です。今回トマトすき焼きに使用したモモ肉は三田和牛のモモ肉を選んでみました。三田和牛は神戸牛と近いエリアで飼育されているブランド牛で、但馬牛や神戸牛といったブランド牛と遜色ない味わいにもかかわらず価格が安いのが良いところ。

贈り物には但馬牛や松阪牛など日本有数のブランドが間違いないのですが、普段使いのお肉としては十分に満足できるお味ですよ。

黒毛和牛のランクの高いお肉であれば、今回のように霜降りになっているのでモモ肉でも良いのですが、スーパーのお肉で考えるなら少なくとも肩ロースにした方が良いでしょう。ポイントは程よく質の良い脂肪です。

我が家の定番すき焼き肉

我が家の定番すき焼き用のモモ肉ならお取り寄せのできる三田和牛のもも肉がおいしくっておすすめです。

安いのに美味しいので、ご近所さんみんなにも紹介しちゃってます。

送料が1050円からで高いなとも思ってしまいますが、こちらの会員になると340円ほどお得に購入できるので送料もそこまで気にしなくてもいいのかなって思って、いつもこちらから購入しています。

「赤身もも」って検索していただくとすぐにページに移動できます。

▼すき焼き用の赤身モモ肉(三田和牛)をお得に購入するならこちらから

 

\ SNSでシェアしよう! /

お肉ギフトで失敗なし!おいしい高級牛肉人気ランキング【にくらぼ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

お肉ギフトで失敗なし!おいしい高級牛肉人気ランキング【にくらぼ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【低温調理器の選び方】料理下手さんほどおすすめの低温調理でローストビーフも簡単

  • ギフトにも最適!高級部位シャトーブリアンのお肉のオススメ紹介します

  • 40歳を超えたら健康のために肉食へ|大人の生活を豊かにする

  • レアより焼かないお肉の焼き方が存在する?焼き加減の一覧と相性について

  • 肉を食べ手いる人はベジタリアンよりも脳卒中のリスクが低いらしい

  • 【低温調理ステーキレシピ】安価な肩ロース肉を57℃45分が美味しい温度?