結婚祝いプレゼントは相場はいくら?喜ばれるアイテムや避けるといい物を紹介

新郎新婦の門出をお祝いする結婚祝い。人生のさまざまな節目の中でも、特に重要なイベントですからお祝いに差し上げるものは迷ってしまいます。そこで、新婚カップルに喜ばれるお祝い品や避けたほうがいい品、予算の相場などをまとめました。幸せなふたりがもっと幸せになるお祝いを選びましょう。

新婚カップルに喜ばれるお祝いアイテム

新婚カップルに喜ばれるお祝いとしては、「二人で使えるもの」がおすすめです。ペアの食器や夫婦箸などは、結婚祝いでしか差し上げないようなアイテム。王道すぎるアイテムですが結婚祝いらしさがありますし、品数も豊富なので選びやすいという利点があります。

ほかにはキッチン用品や生活家電もおすすめ。こちらは少々、予算が高くなりますが、お掃除ロボットや高級コーヒーメーカーなど、欲しいと思っていてもちょっと手が出ないというものを贈ると喜ばれます。

結婚祝いに避けたほうがいいもの

反対に、結婚祝いとして避けたほうがいいものは何でしょうか。意外なところでは、日本茶などは避けたほうがいいとされています。これは日本茶が弔事のお返しに使われることが多いため、お祝い品には向いていないと考えられているからです。さらに刃物はなるべく贈らないほうがいいとされます。「縁が切れる」と言うことから、ハサミなどはやめたほうがいいですね。

ただし、最近は高級包丁セットなどを新郎新婦からリクエストされることもあり、必ずしもNGアイテムと言うわけではないようです。同じ理由からガラスのグラスセットなども割れ物・壊れ物ということで昔は贈りませんでしたが、今はむしろ結婚祝いとして人気のあるアイテムです

予算はいくら?友人・同僚なら3千円か1万円

では、結婚祝いの予算はいくらと考えればいいでしょう。結婚祝いの場合、新郎新婦と贈り手の関係でおおよその金額が決まってきます。贈り手が友人や職場の同僚なら、目安は3千円~1万円ていどです。

結婚披露宴に出席する場合はお祝い金を包みますので、3千円でも十分だと考えられていますし、披露宴に出席しない場合は1万~2万円ほどを考えておけばいいでしょう。

予算はいくら?親族・上司なら5千円か2万円以下

新郎新婦の親族や上司となると、結婚祝いの目安はもう少し上がります。兄弟や親族なら1万~3万円が相場で、披露宴を欠席するなら3万円以上の結婚祝いを贈ってもおかしくないでしょう。上司の場合は、3千~5千円が目安です。上司であっても事情があって披露宴を欠席する場合は、上限2万円ていどを目安にしてお祝いを贈りましょう。

結婚祝いプレゼントは相場はいくら?
最新情報をチェックしよう!
>お肉ギフトでお中元・お歳暮は完璧「にくらぼ」

お肉ギフトでお中元・お歳暮は完璧「にくらぼ」

当サイトでは自分の舌と目で確認した本当におすすめできるお肉の贈り物を紹介します。お肉ギフトは誰にでも贈って喜ばれ、健康や豊かな気持ちにつながるものです。

国内ナンバーワンの和牛の情報サイトを目指しておりますので、知りたいお肉などありましたらいつでもお問い合わせくださいませ。

CTR IMG